地域で活動する立憲パートナーズネットワーク

都知事選・都議補選に対する意見

みなさま

急な展開で、対応が取れづにいる地域も多いと思います。

小池知事に代わる知事を実現することが、どのような意味を持つのか、それぞれが確認することが必要と思います。

その上に立ってどう支援するのか、ですね。大田区は都議補選もあるので、都知事選はセットでオール大田の立憲野党勢力で「大田区民の声を都政に届ける会」を作り、すでに支援活動に取り組んでいます。ほかにも、地域の市民連合的な活動をしてきたグループが独自の活動をそれぞれの判断で進めています。

今回は宇都宮さんを立憲野党の共同候補とすること自体に各地の市民グループがイニシアチブを発揮しています。この先の選挙戦自体が上からの指令や要請で動くのではなく市民の勝手連的な動きで進むのではないかと想像されます。

立憲パートナーズとしても知事選での市民の自発的行動が、次の総選挙につながることを意識しながら、地域での連携を広げることが大事なのではないかと思います。

地域での市民の動きに加わり、活動することで連帯の輪を広げることに努力してはどうでしょう。

それらの動きをこのMLなどでシェアーしていけるといいのではないかと思います。

 

立憲パートナーズ大田の会 代表世話人

都知事選・都議補選に対する意見
トップへ戻る
PAGE TOP